新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

イラン原住民による手織りの絨毯~ギャッペ~

こんにちは。

 

今回、ご紹介するのは

「手織り絨毯のギャッペ」です。

イランの旧名がペルシャと言います。

ギャッペは、ペルシャ語で「粗い」という意味があります。

もともとギャッペは、遊牧民カシュガイが自分たちが生活の中で使ってきた絨毯というのが

はじまりでして、カシュガイが住む南ペルシャは、寒暖差が大きく、

冬の寒い夜と夏の暑い日中から身を守るために使ってきた織物です。

テントに敷く形が基本の形として使ってきたため、厚い生地が基本です。

 

そして、手で編んでいくため、粗くなる「ギャッペ」と呼ばれているそうです。

 

ギャッペのメリットとして

・長持ち

・型崩れをしない

・汚れない

・手織り

・暖かい

・夏も対応できる

 

理由としては、

ギャッペはイラン高原は標高1,000mを越す高地の羊の毛を使い、

寒暖の差が大きく乾燥した厳しい環境で暮らす羊たちは、
身を守るために「ラノリン」という脂分を多く含む長い毛で覆われ、
キメも細かいのが特徴です。そんな特徴から「保温性・保湿性・伸縮性」に富み、
脂分を多く含んだ毛は光沢があり劣化を防ぎます。
私が面白いなと思うのは、同じ商品のギャッペでも
向きを反対にすると色が変わるところです。
羊毛の向きを揃えて織っていく毛のため、毛の向きで色が変わります。
こういったところも飽きがきにくい理由の一つかもしれません。
こちらの写真は、若干黒っぽく。
こちらの写真は、白っぽい。
さて、弊社がいつもお世話になっている
中川区と名東区にお店を構えていらっしゃる
VIGOREさんは、2月から名東店で、ギャッペ展を行うそうです。
もしご興味がある方がいらっしゃれば足を運んでみて下さい。
名古屋営業部
柳田 大
/////////////////////////////////////////////////////////
新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける
岐阜・名古屋の工務店 ひだまりほーむ
/////////////////////////////////////////////////////////

岐阜の注文住宅と木の家の工務店