様々な業界のスペシャリストの方々が
客観的な視点でひだまりほーむを包み隠さずご紹介
※五十音順で掲載しております。

人間大事

人間大事

江口 克彦 様

故・松下幸之助氏の直弟子とも側近とも言われている。23年間、ほとんど毎日、毎晩、松下氏と語り合い、直接、指導を受けた松下幸之助思想の伝承者であり、継承者。松下氏の言葉を伝えるだけでなく、その心を伝える講演、著作は定評がある。現在も講演に執筆に精力的に活動。参議院議員、PHP総合研究所社長、松下電器産業株式会社理事、内閣官房道州制ビジョン懇談会座長など歴任。

著書に、『最後の弟子が松下幸之助から学んだ経営の鉄則』(フォレスト出版)、『凡々たる非凡−松下幸之助とは何か』(H&I出版社)、『松下幸之助はなぜ成功したのか』『ひとことの力−松下幸之助の言葉』『部下論』『上司力20』(以上、東洋経済新報社)、『地域主権型道州制の総合研究』(中央大学出版部)、『こうすれば日本は良くなる』(自由国民社)など多数。

 

 

■ひだまりほーむへメッセージ

__________________________________________________________________________

社員大事、その家族大事、お客様大事、取引先様大事、世間様大事の「五方よし」の会社。「ヒト」を大切にする「温かみ」「ぬくもり」を感じさせる会社。ゆえに、「社会に喜びと希望を与えている会社」である。経営すべからく、「人間大事」、人間をど真ん中にし、常に「人間」を起点にすべきだというのが、わが師・松下幸之助翁の実践経営哲学。その哲学を学び、実践・応用し、かつ、その松下翁を越えんとする社長・石橋常行の心意気は壮とするところ。まさしく、「松下幸之助の孫弟子」としての名に恥じない活躍は、将来の日本を代表する経営者になるだろう。好漢・石橋常行に、私は期待している。

 

足腰が強い

足腰が強い

株式会社ソルト
代表取締役

青木 隆行 様

 

人財教育に真摯に向き合い、中長期的な視点で顧客様・社員・取引業者の満足を獲得する事に正面から向き合っておられます。人財育成には時間がかりますが、着実に成長しておられますので、ますます足腰の強い会社になられると感じます。また、地域の皆さんから喜ばれるような正統派の『家造り・人づくり・会社づくり』を通して、地域で一番の企業グループを作り上げて下さい。時代に適応しながらも物事の本質を捉え、理念経営を中心とした人財輩出企業となられ、経営者を沢山育ててください。20年近くのお付き合いで、会長・社長の誠実なお人柄も承知しており、心から応援できる企業です! 

情熱の塊

情熱の塊

OMソーラー株式会社
代表取締役

飯田 祥久 様

 

石橋社長も熱いが、社員も負けじと熱い会社。自分達の作る家がお客様を幸せにすることにこんなにどストレートで、勉強熱心な工務店もそうないです。自分達もいつの間にか熱くなっていくのに気づきます。また、「自分達の家づくりを知らないで家を建てる人は不幸」ってなかなか言い切れないけど、その突っ張りを打ち続けて欲しい!石橋社長の轟音(普通に話してもそうですが)が地元も超えて日本中に響き渡ることを期待しております。ぜひ、OMもその一員として一緒に理想を描きたいと思っております。

パワースポット

パワースポット

コダリノ研究所 代表

稲葉 元一朗 様

 

人と地域を大切にする思いが社員さん、職人さんに浸透し、素材、施工現場の細部に至るまで一貫して練り込まれている会社です。お客様の心豊かな暮らしを常に追求し、熱烈ファンから熱く支持されています。また、引き続き、地域の暮らしを豊かに!地域の森を元気に!未来を明るい世の中に!石橋社長のリーダーシップと企業使命、経営理念を共有する高いマインドを持った社員さんや職人さんとの掛け算により、これからも人と地域社会に活力を与えるパワースポットであり続けることを応援しております。 

やっぱり人でしょ!

やっぱり人でしょ!

特定非営利活動法人
Meets Vision 代表者

乾 香織 様

 

ひだまりほーむ様とは長いお付き合いをさせていただいておりますが、いつ逢っても変わらぬ温かい優しさと気遣いがあります。若い社員さんも不器用ですが真面目で一生懸命さが伝わります。「ずっと信じられる」そんな会社です。また、目まぐるしいスピードで変わりゆく社会の中で、会社のスタイルを少しずつ変えながらも、一貫して変わらないのは、どんなときも社員全員が一番に「お客様の幸せ」を考えていること。信念を貫きなからも時代の変化に対応しているからこそ、100年以上存続していけるのだと思います。一番大変なのは、お客様の為に存続し続けること。これからも変わらぬひだまりほーむでいてください。ずっと応援してもらえて、ずっと応援できる素敵な会社です。 

温故知新

温故知新

AinoDesign
代表

片瀬 翔子 様

 

お客様への姿勢・スタッフへの姿勢・同業や職人さんへの姿勢、ブランドに対する姿勢。文化や歴史を大切にしつつ、あえて先進的な舵切りをされています。私にとって、ひだまりほーむに在職していた日々は今でも宝物です。関わる人の幸せを真摯に考え、向き合う姿勢は今でも私の軸になっています。コロナ禍かつ変化の時代、人との関わりは日々複雑で多様化していますが、そのような中でも、変わらず「人間大事の経営」を貫いていただきたいなと思います。余談ですが、旅が好きでさまざまな住宅に訪れていますが、ひだまりほーむ以上に上質で心地よく、気楽な家は未だ見つかりません(笑) 

木材を活かし扱える会社

木材を活かし扱える会社

桑原木材株式会社
代表取締役

桑原 教行 様

 

木材を活かすための豊富な知識を持っている会社です。鷲見製材はとても前向きで、色々なことに積極的に取り組んでいます。木の見せ方や構法などを新たに開発し、木材全体を幅広く取り扱える、そんな会社だと考えています。これからも国産材・県産材を使い続け、岐阜県に拘らず東海圏の良い資源もうまく使いながら、住宅メーカーとして地域との連携を強化していくことを期待します。

底抜けに真摯

底抜けに真摯

後藤木材株式会社
代表取締役社長

後藤 栄一郎 様

 

新たな環境で、要求されていることを先ず受け入れ、良く熟考し、社業に取りこんで実践する強さと素直さのある会社。お施主様の生活を豊かにしたいという意気込みと、未来への覚悟を強く感じる会社。そして、そこから、社員それぞれの信念が生まれ、それに基づく責任を大切にするからこそ、お客様、職人さん、取引先さんから大切にされる会社だと感じる。
鷲見製材には、地域の住生活に関わるものづくりとサービス産業の大樹であってほしい。自分達だけでなく、関わる人々に自省を促しながらも、未来を一緒に描こうとする真摯な取り組みが、深い根を育んでいると感じています。引き続き、真剣にひとづくり・まちづくりに取り組まれることを期待します。大樹深根の会社であって欲しいです。

伝統と革新

伝統と革新

株式会社小林創建
代表取締役社長

小林 稔政 様

 

 ひだまりほーむと小林創建は似ています。木材を扱う製材業から始まったという生い立ち。そして、そのことを誇りに思い、企業の価値の中核に据えている事。そんな真面目で愚直な企業文化がある一方で、常に新しいチャレンジをしていることも似ています。地域で企業を永続させるためには、一見すると相反する二つの要素が必要なのだと感じます。だから他人に思えないのかも(笑)一山超えた先にある、同志の会社を全力で推薦します!

真の理念経営

真の理念経営

新産住拓株式会社
代表取締役

小山 英文 様

 

理念経営は言語化し掲げることがゴールではなく、経営者を筆頭に全従業員が内容を理解するまで伝え、自分事化し、実践し続け、風土に根付かせること。それを実践してるのが、ひだまりほーむ。また、私は熊本で工務店を経営しています。同じ業界で仕事をする仲間として尊敬する経営者の一人が石橋常行さん。人生の「志」を学ぶ機会をご一緒させていただいてから石橋社長の経営の王道を歩む姿勢に感銘を受けています。石橋社長の想いは社員に伝わり、お客様を幸せにすることでしょう。共にお客様や地域に愛される「存在意義」のある工務店を目指しましょう。更に「人を育てる」人生を共に頑張ろう! 

愚直に最高を目指す会社

愚直に最高を目指す会社

株式会社インプライ
代表取締役

官谷 浩志 様

 

商談結果を記した商談履歴には、他の工務店にはない細やかさがあります。受注確率を高める為や備忘録としての記録ではなく、1棟1棟に異なるお客様の家づくりを最高のものにしたいという担当者の想いを感じました。また、ひだまりほーむの商談や1棟1棟の家には、隠れた感動のドラマがたくさんあることを知っています。そして石橋社長には文才がある方なので、読み手、オーナー、社員、関係者などにそのエピソードを是非一冊の本にしてほしい。これから家づくりを考えるお客様との橋渡しにもなり、働く社員のモチベーションにもなることでしょう。なにより私自身が、たくさんのひだまりエピソードを読んでみたいです。 

お茶の間会社

お茶の間会社

西濃印刷株式会社
代表取締役社長

河野 俊一郎 様

 

古き良き時代のお茶の間は食事(仕事)の場でもあり、勉強(教育)の場でもあり、団らん(プライベートの交流)の場でもありました。そしてそこは現代の「リビング」よりも開かれた空間で、近所の人(取引業者)も一緒に夕飯を食べたり客人(建て主)をもてなしたりもしていました。貴社にはそんな雰囲気を感じずにはいられません。お茶の間のあった時代って、あの空間に限らずいろんなものがカオスでした。でも大黒柱、家長と呼ばれる存在がそのカオスをまとめることで大きなパワーを生み出していたと思います。現代においては大黒柱、家長というような存在はどちらかというと疎ましがられ、またカオスな状態も避けられてシステマティックに、スマートにすることが良しとされています。なので期待することは、カオスを肯定する「お茶の間」的価値観を是非とも残していただき、システムからはみ出るような大きなパワーを産み出し続けていただきたいです。

真っ当なものをつくる

真っ当なものをつくる

株式会社東海木材相互市場
代表取締役

鈴木 和雄 様

 

まず一番に思うことは、一生懸命な会社であるということです。自分たちの形をしっかり持って、その中で一番良いと思うものをお客様に提供している点が一番良いですね。ひだまりほーむは長年こだわりを持って国産材を使い、日本の山を守っていくことが基本だと考えています。ひだまりほーむにはその姿勢を続けていって欲しいですし、お互いに品質をあげながら仕事をやっていきたいです。弊社ではプレカットの時にバリが出ないように言っていますが、いいものをつくるためには量産するだけではだめです。最後に勝ち残るのは、一生懸命に真っ当なものを作っている会社だと思っています。

生新

生新

株式会社NEXT STAGE
チーフコンサルタント

瀧 きょうこ 様

 

石橋社長やひだまりほーむの方々とお会いするたびに、会社全体が、いつも何か新しいことに挑戦していくような息吹を感じる為、「いきいきとして新しいこと。新しくて躍動感のあるさま」というこの言葉を選びました。また、石橋社長と明世常務とは、同じ時代に同じエリアでお仕事(同業他社)をされていた事をお聞きして勝手に親近感を持っています。 石橋社長が今後どのように突き進んでいかれるのか、そしてまた何か新しい取組を発表されて、どれだけ「えっ」と驚かされるかを楽しみにしております。 

名は体を表す

名は体を表す

武川建築設計事務所
代表

武川 正秀 様

 

世の中の浮き沈みに動じることなく、太い大黒柱に支えられたおおらかな家のような会社。その名の如く縁側のおだやかな「ひだまり」に人が集まっている。そんな印象を持っています。まだ短いお付き合いではありますが、その僅かな時間の中でも垣間見られたひだまりほーむの熱量たるや・・。これからも時代の最先端を走っていかれると思いますが、枠にとらわれない事業の広がりがどこまで届くのか、そして何を起こすのか。楽しみにしております。

人を育てる

人を育てる

岐阜県立森林文化アカデミー
教授

辻 充孝 様

 

個性を伸ばしながら社員を大切に育て、いい住まいをつくり、結果的に会社を成長させ、持続可能な会社になるように実践されている。またそれを石橋社長の言葉でSNS等を通じて明確に公言されているところがすごい。

人は努力すれば必ず成長する。ジックリ派の人もいれば、急成長する人もいてそれぞれに個性がある。少人数制で個性を伸ばす「現地現物主義」の森林文化アカデミー教育理念と、ひだまりほーむの「人間大事」・「融通無碍」の経営哲学は共通する部分が多い。「家づくり」の会社というより次世代の担い手を育てる「人づくり」の会社といってもいい。「人を育てる」という贅沢な事業。未来を担う人材を安心してお任せできる会社である。これからも若者に道を示し、人を育て続けることに期待している。

ズバリ!良い会社

ズバリ!良い会社

松山大学 経営学部
経営学科 教授

東渕 則之 様

 

私は20年以上にわたって、全国の「良い会社」について研究しています。私の考える「良い会社」とは「社員を大切にして、社員と会社がともに成長する会社」です。ひだまりほーむ様も経営診断を受けて頂き、70問のアンケートに全社員の皆様に回答して頂き、「良い会社」と判定されました。また、石橋常行社長は、長年、試行錯誤しながら会社づくりに取り組まれて、社員の成長・幸せと会社の成長を両立させる経営をつくり上げられました。生き生きした社員の皆様は、お客様の期待を超える仕事をしてくれることと思います。今後も、伸ばせる点をしっかり伸ばし、足りない点は改善し、さらに高いレベルの良い会社になっていただきたいです。そして、培った知識と経験を、社会のためにも還元していただけると幸いに存じます。 

 

運命共同体

運命共同体

永森建設株式会社
代表取締役社長

永森 幹朗 様

 

「かかわるすべての人を心豊かにしたい!」おそらくひだまりほーむさんすべての従業員さんが、そう言うのではないでしょうか。家づくり、取組み、石橋社長のメッセージのすべてが「人間大事」につながっている会社だからです。また、これからもずっと「本当に大切にしている事を本当に大切にしていって欲しい」です。市場はどんどん変化していきます。ただ「人間大事の経営」は普遍的なものだと思います。そしてこの石橋イズムをひだまりほーむだけではなく、地域や業界に広げていって欲しい。そしてエネルギッシュな人たちが増え、もっともっと工務店業界が活性していくといいですね。石橋常行を世に問う!?です(笑)少なからず私は影響を受けている一人です。応援しています! 

「高密度」な人財と仕事

「高密度」な人財と仕事

岐阜バスケットボール株式会社 代表取締役社長

那須 史明 様

 


私、実はひだまりほーむのオーナーです。たくさんの住宅メーカーの中からひだまりほーむを選んだ理由は、家の床、壁、戸などの要素ひとつひとつに高い「密度」を感じたから。当時はその理由が分かりませんでしたが、(生意気ながら)経営者になってみて初めて、それはスタッフや職人さんに宿る信念からくるものである事が分かってきました。自社の製品に対する自信や誇り、挑戦を続ける姿勢、何より、お客様に良いものを届けようという信念。「密」を避けなければいけないご時世ですが、この熱すぎるほどの「密度」こそが、ひだまりほーむの強さであり、魅力なのだと思います。この家に住んで 10 年近くが経ちますが、そんな密度に囲まれた暮らしは安心に包まれているようで、いつも幸せを感じています。マイナスをプラスに変える驚くような新しい取り組みを参考にさせていただく事と、定期的に石橋社長のパワーを浴びに訪問させていただきます(笑)。

頑固で柔軟

頑固で柔軟

服部産業株式会社
代表取締役

服部 伸一 様

 

「本物の木材を使う」という点について、決して妥協はしない「頑固」な会社です。一方、若い社員が多く時代の変化に合わせて住宅を進化させることに対しては、とても「柔軟」で思いきりがよい。そう感じるからです。ひだまりほーむは家を建てられたお施主様を上棟後も大切にされています。「家が完成したら終わり。ハイさよなら!」の会社とは違います。また、御社にはたくさんのファンがいて紹介の輪が広がっているのはとても素晴らしいと思います。品質にとことん厳しく妥協しない姿勢は木材を調達する私たちにとっては「難しい取引先」ですが、御社の「納得できるものしか使わない」「お客様第一の商売姿勢」を心より尊敬申しあげ、れからも長いお付き合いをさせていただきたいと願っています。 

みんなの実家

みんなの実家

株式会社ドングルズ
代表取締役

松岡 慎也 様

 

いつお邪魔してもスタッフの皆さんが明るい笑顔で迎えていただける。この安心感、日本人の思い描く理想の実家像かと思っています。「リアル磯野家」も頭に浮かびましたが、石橋社長にマスオさん感がゼロすぎてまた、先が見通せない時代になってしまっている中で、ひだまりほーむさんの存在は地域にとって安心であり希望であると思っています。これからも、暮らしの中心となる住宅を起点とした豊かな価値あるライフスタイルの提言だけでなく、地域に寄り添う素晴らしい取り組みの数々を継続されることを楽しみにしています。石橋社長には若い世代への石橋イズムの継承、心より期待しています。どんどん若者を送り込みますのでかわいがってやってください! 

共鳴しあう会社

共鳴しあう会社

新建新聞社
代表取締役社長

三浦 祐成 様

 

石橋社長の価値観・志・方針にスタッフや協力会社、職人さんたちが共鳴し、そこに向かって進む中で「こだま」のように声が響き合い実践が進み、より善く進化・深化しているように見えるから。また、お客さんもそんな思いや声、実践に共鳴して顧客となり、応援してくれているように見えるから。また、「さらなる進化・進化」、より「さらけ出せる」「裏表のない」組織、ファミリー経営と企業経営の新しい融合、真のリアルな善なる経営の挑戦、ニッポンの住宅業界を陽気に未来志向に! 

木を大切にする会社

木を大切にする会社

株式会社東海木材相互市場
常務取締役

水向 交友 様

 

若い人が沢山みえて、活気があるいい会社です。先代が木を大切にして会社を営んできたからこそ、若い人たちも木を大切にしていることが伝わってきます。それがお客様に伝わっているのではないでしょうか。石橋社長はバイタリティーがあり、将来への展望が大いにあって大変尊敬しています。岐阜県にはなかなかいないような、垢抜けた方です。一見しただけで、この人の姿勢は信用できるなと強く感じます。

お得意さん

お得意さん

白鳥林工協同組合
代表理事

美谷添 里恵子 様

 

ありがたいことにお仕事を沢山いただいていて、ここ5年程はうちの材料を生かして使っていただいてます。ひだまりほーむはお施主様の為になることを色々と考えてやってみえて、そこが成功の秘訣なのかと思います。新たな若い世代に会社を任せ、彼らが前向きに取り組んでいることや、女性がしっかり働いていることが素晴らしいです。コロナの時代だからこそ、国産材の家が見直されています。ひだまりほーむはそんな時代に値打ちのある家を建ててくれる会社です。

愚直な人財の集団

愚直な人財の集団

虫明実践経営塾 塾長

虫明 正治 様

 

石橋社長をはじめ新入社員にいたるまで、「幸せづくり」という企業使命の実現に向け、日々汗をかき、時に涙を流しながら創り上げていこうと、ひたすらに努力し、成長する姿を見てきているからです。また、社員一人ひとりが人材から人財になり、お客様から、地域から、さらには業界や国からも必要とされるよう「人間大事」の志を愚直に追求し、多くの 人から「ありがとう」と言われる会社になってください。鷲見製材94年の過去の歴史に畏敬。今の社員、お客様、匠の会、関係者の方々に感謝。そして未来に責任を果たしていく、かけがえのない会社としてますます存在価値を高め、成長発展されていかれますよう心より祈念しております。 

真摯で、挑戦的

真摯で、挑戦的

正栄産業株式会社
代表取締役社長

森藤 正浩 様

 

つくっている住宅、空間は本質的で、大切なことを愚直に大切にしている。しかし、経営、運営のやり方は時代に向かって挑戦的だと感じる。あり方は、真摯。やり方は、挑戦的。また、住宅産業にとどまらず、その周辺事業などを行い、地域のために地方のために、本当の意味での地方創成をおこなえるような企業を作ってほしい。人を作り、事業を作り、地方を豊かにしていく、そんな事業体を。僕自身もそれを行いたいです。どんな時代にも、必ずチャンスはあります。地域のビルダー、工務店から、地域の幸せを作る会社へ。変化を楽しみながら、チャレンジしながら、でもしっかりと堅実に。高い次元での両立できる会社を。

正常進化!

正常進化!

株式会社安成工務店
代表取締役

安成 信次 様

 

ひだまりほーむは会社名の鷲見製材が表す通り、材木・製材が出発点である。より良い建物を目指して川下側へ業態転換することも正常なら、その木の家づくりを、まじめに、より美しいデザインで、更に高性能へと進化させる努力と成果は全国でもまれな存在といえる。また、情報に振り回され、立ち位置と目標を見失う経営者が多い中、石橋社長はゆるぎない経営理念の元、経営者としての勉強を怠らない人です。また、持ち前の明るさや積極性はまさにリーダーとしてふさわしいと思います。サスティナブルな産業構造転換が求められ、地域工務店の時代が始まります。ひだまりほーむを更に進化発展させるだけでなく、同様の家づくりを行う全国の工務店を奮い立たせるリーダーとしての活躍も期待したいと思います。

受け継いでいく

受け継いでいく

トヨダヤスシ建築設計事務所
所員 一級建築士

山崎 幸宏 様

 

私も在職期間中の約7年で本当に多くのことを学ばせていただきましたが、ひだまりほーむは、時代の変化に合わせて色々な部分をスピード感を持ってアップデートしつつも、その中で昔から変わらず愚直にやってきたこと、大切にしたい想い、曲げない信念・理念をあらゆる面において柔軟に具現化し、地道に、着実に、次の世代につなげていっている会社です。ひだまりほーむグループをつくる人たちに「受け継がれた想い」、あるいはそれに関わった人たちが感じ取った何かが、数百年先のより良い世界に繋がっていくことを信じて、元社員として私もまだまだ頑張りますし、ひだまりほーむを応援し続けたいなと思います。これからも、ワクワクすることを沢山仕掛けていかれることを楽しみにしています!明るく楽しく、ひだまりのような笑顔溢れる未来をつくっていきましょう!

ハートウォーミング

ハートウォーミング

PHP理念経営研究センター
代表

渡邊 祐介 様

 

本物の品質を知り、本物の豊かさをお客様にお届けしたいその志が社長以下、社員全員に行き渡っている。だから、いつだってにぎやか。心豊かになれる家は、夢にあふれた心豊かな人たちにしかつくれないはずでしょ!また、人間は生涯いろいろな住まいを経験していく。家に育まれ、家に鍛えられ、そして家でやすらぎを得て幸せな日々を過ごす。すなわち、人の可能性をひらく一端を確かに住宅は担っている。素材・技術・デザインと、さまざまな選択によって住宅の可能性は計り知れないご時勢でしょうが、石橋社長には木材の素晴らしさ、木材という素材を知る強みにこだわって、人生に寄り添い続けてくれる素敵な住まいづくりに邁進してほしいものです。 

  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • Youtube