新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

『25年前の今日』

もう25年も前になるんですね。
今朝の朝礼で、若い社員に聞くと、既に生まれる前の出来事のようです。
時間が経つのは早い。

我々住宅建築に携わるモノは、今日と言う日を決して忘れてはいけない日。
大地震でたくさんの命が失われた。
しかも、多くが「我が家の下敷き」になって。

その当時、僕はまだ学生。
だから、我が家の下敷きになって亡くなると言うことを実感をしていた訳ではありません。
むしろ、自分事としては捉えていなかったように思います。

その後、数年が経ち、自分が「家づくりを本職」としました。
そこで、「耐震性能」と言う言葉を初めて聞き、その際に、阪神淡路大震災の教訓を知ることとなります。
そこで理解したことが、「耐震性能とは家族を守る性能である」ということ。
当時は、2×4の住宅メーカーに勤めていましたから、耐震性能についてはセールポイントでした。しかし、その本質は教えられたわけではありません。
その後、色々と経験をして、耐震性能などに興味を持ち、色々と勉強するうちに、その本質に気づくこととなります。

その起点は、25年前の今日起きた大地震。

だから、毎年毎年1月17日は僕の原点に帰る日としています。

今年も「家族を守る性能」の意味を再度確認し、強固な住宅をつくって行く決意を新たにしたところです。

神戸の街は何もなかったかの如くの復興を遂げました。
しかし、そこに住む人々の心には今なおも、色あせないシーンのことと思います。
その心中を察すると心が痛い。

住宅屋として、家族を守る住まいを建築してまいります。

岐阜の注文住宅と木の家の工務店