屋根 ① スレート系 ② セメント系 ③ 陶器瓦 ④ 金属系 ⑤ ガルバリウム鋼板

%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc-13

屋根は常に雨風や紫外線にさらされています。劣化したまま放置しておくと、老朽化を早める原因となってしまいます。環境にもよりますが、10年を区切りとした考え方をオススメします。定期的に当社にご相談ください。

<危険>
一般の方が屋根に上るのは、落下事故などの危険を伴いますので絶対にやめましょう。

<ご注意>
屋根は軽度なうちに補修をすれば安価で済みますが、放置すると高額な補修費用がかかる恐れがあります。定期的に当社にご相談ください。

①ストレート系 ②セメント系

ストレート系は色あせてやサビが目立ってきたら塗り替えを検討しておくと安心です。
金属製の部分にサビや腐食が見えたら、取り替え補修を行いましょう。
セメント系は、色あせで表面の塗料が落ちていたり、ひび割れや欠けを見つけたときが危険信号です。

<こんな時はプロに任せましょう>

・釘浮き
 芯木が木の場合は雨水が侵入し、腐る原因に。
・サビ
 板金が腐食すると穴が開き雨水が侵入したり、釘が抜けやすくなる。腐る原因に。
・はがれ
 釘の抜け、サビを放置すると、板金の飛散で外部での事故や、雨漏りの原因に。
・ひび割れ
 一部の破損・劣化でも放置すると雨漏りの原因に。
・コケ
 屋根のコケや、枯葉は雨水を引き込む恐れがあるので、早めに取り除く。

③陶器瓦

陶器瓦は寿命が短く、色落ちがあまりありません。
しかし瓦の下の野馳板は傷みやすいので、天井裏の点検口からのぞいて、屋根に打ち付けてある板が腐っていないか点検をしましょう。
瓦は、汚れがひどい場合は洗うか、部分的に交換をしておきましょう。
屋根のコケや、枯葉は雨水を引き込む恐れがあるので、早めに取り除きます。

<こんな時はプロに任せましょう>

・ズレ
 雨漏りの原因に。早めの相談を。
・ゆがみ
 崩れ、落下の恐れあり。
・浮き
 瓦が浮いて水が侵入することがある。早めの相談を。
・漆喰のはがれ
 はがれた部分から水が染み込むことも。早めのご相談を。

④金属系 ⑤ガルバリウム鋼板

金属屋根の素材はアルミ、フッ素鋼板や耐久性にすぐれたガルバリウム鋼板があります。
素材が軽量なため、カバー工法に利用されます。
サビの被害が多いので、雨水がスムーズに流れるように、枯葉などのゴミが溜まっている場合は、早めに取り除きましょう。

<こんな時はプロに任せましょう>

・塗装のはがれ
 はがれた部分にサビが発生すると塗装しても強度が保てなくなる。
・赤サビ
 切断部から内部に侵食してくるサビ。材料本体に影響してくる。早めの対応を。
・白サビ
 表面的なサビ。高温、多湿の場所でできる。
・めくれ
 雨漏りし、天井や壁の染みになってしまう。早めの対応を。
・穴あき
 サビが進行して穴があくと塗装だけでは難しい。板合補修を。