経営管理部

主任城ヶ野 拓也

出 身
愛知県江南市
学 校
名古屋学院大学
血液型
O型
星 座
牡牛座
資格

Staff Message

自己紹介

小学校3年生からバスケットボールを続けている、城ヶ野拓也です。「城ヶ野」で「ジョウガノ」と読みます。珍しい苗字ですね。私も親族以外でこの名字に出会ったことがありません。ルーツは鹿児島のようです。身長160cmほどと、だいぶ小柄です。ただ、バスケットに身長は関係と思っています!できれば、もう少し身長欲しかったですが…。ひだまりほーむには、部活動制度があり「ひだまりバスケ部」を立ち上げて月1回ぐらいのペースで社員を中心に10名ほどで活動をしています!

ひだまりほーむに入社した理由

新卒でひだまりほーむに入社しました。就職活動をしていた当時は「ひだまりほーむで働いている社員のような社会人になりたい!」と思い、志望をしていました。もちろん今でもそういった気持ちはあるのですが、最近より強く思うようになったことがあります。それは、「ひだまりほーむは、家づくりの先を見据えた事業をしている」ということ。ただ、家をつくっているのではなく、森・地域・暮らし・文化・伝統を守り、継承していくという想いを胸に働けることをとても魅力的で、最も大きな入社動機になったのだと思います。

あなたにとって家づくりとは

「想いをカタチにすること」だと思います。どのお客様も、それぞれの想いを持って家づくりに向かわれます。弊社では、家づくりのスタートをするにあたって“着工式”という式典を行います。その式典では、お客様の家づくりの想いについてお話しいただく時間があります。その言葉の1つ1つにずっしりと想いの大きさを感じますし、それはきっと式典に出席する社員、職人さんも感じています。だからこそ完成したどの家(住まい)にも、愛着を感じます。そんな「想い」の詰まった家をもっともっと増やしていきたい!と思っています。

ひだまりほーむはどんな会社ですか

「誠実」な会社です。「誠実」という言葉を辞書で調べると、「真心をもって人や物事に対すること」と書かれています。ひだまりほーむにピッタリな言葉だと思っています。家づくりに携わるお客様、職人さん、そして社員はもちろん、採用活動などで接する学生さんに対しても正面から真っ直ぐに向き合うことを大切にしています。また、使用している木材や素材の1つ1つに意味や、ストーリーがあります。それは、ひだまりほーむのこだわりです。ただ、「何でもやります、何でも使います」という姿勢よりも、私は「誠実さ」を感じます。本当に良いモノを使い、真っ直ぐなヒトによってつくられる家を誇りに思います。

手書きメッセージ

スナップ写真