新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

【住まい考察】窓と風景

こんにちは!
心地よい高原に遊びに行きたくてウズウズしている鶴見です。

さて、今回は少しまじめに、住まいづくりについて、いつも考えていることを書いてみようと思います。

いきなりですが、皆さんは街中で、こんな「窓」を見たことありませんか?

間取り計画で欠かせない、窓の計画

南側にある、大きな掃き出し窓、、、ですが、何か違和感を感じないでしょうか??

せっかく太陽の光や風を取り入れるために大きな窓を作ったのに、外を通る人から室内が丸見えなので、レースのカーテンを閉めっぱなし・・・
とっても残念な窓だと私は思っています。

街中を少し意識して歩いてみると、レースのカーテンが閉めっぱなしになっている南の大きな窓や、ひどいところでは常にシャッターを閉めっぱなしというお住まいを見かけることもあります。
そういう窓を見ると、無性に悲しい気持になります。

大きな窓という事は、それだけお金がかかっているという事。
それに、窓が大きいという事は、断熱性能も犠牲にしています。

それなのに、日当りや風通しが十分取り入れられないんです。

内観だけおしゃれ風な家を作りながら、窓からの景色を意識しない会社や設計士が実は世の中にとても多い。
そんな状況を少しでも変えていきたいと思っています。

本当は、窓からこんな景色が見えたら理想・・・

間取り計画では窓の計画をお忘れなく

流石にここまでは出来ませんが、「建物とお庭を一緒に考える」という事が重要です。

間取りを考えるときに窓も一緒に考えましょう 間取りと窓の関係性 良い間取りは窓が良い間取り

植物を見えるようにしたり、建物や、塀で視線を遮る工夫をしたり、格子の角度を調整したり・・・

出来るだけ昼間はカーテンを閉めなくても暮らせるようなお住まいをつくりたいと思っています。

ホームページの施工実例も、建物の内観だけではなく、ぜひ「窓からの風景」にも目を向けて見て頂けると嬉しいです。

是非お住まいづくりと同時に、お庭の話もしましょう!
季節の花々や、食べられる植物を植えるのも楽しいですよ。

みなとモデルにて、ご相談、お待ちしています!!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
名古屋・岐阜で地域に根差した住まいをつくる
工務店 ひだまりほーむ
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

岐阜の注文住宅と木の家の工務店