ペレットストーブを体験してみませんか?

12月も完成見学会を予定しています。
次回の見学会では屋外のスペースにペレットストーブを設置し実演してもらう計画をしています。

名古屋市内では周囲への配慮や薪置き場の確保が難しかったりで中々薪ストーブを採用される方がいらっしゃいません。
実は、岐阜展示場、大垣展示場、各務原展示場と名古屋以外の全ての展示場に薪ストーブが設置してあるくらい薪ストーブと縁が深い会社です。
もちろん冬場は薪ストーブを焚いていますのでスタッフも薪ストーブユーザーの一人です。

ペレットストーブとはそもそもどんなストーブかというと、

木質ペレットと呼ばれるバイオマスエネルギーを使って燃焼する環境にやさしいエコ暖房です。

ペレットストーブは炎で暖めれれたガラス面からの輻射熱と温風で暖房します。
輻射熱とは炭火と同じ遠赤外線で、からだの芯からじんわり暖かくなります。
展示場の薪ストーブも前に座っていると思わずウトウトしてきますので皆さんも冬場にぜひ体感ください。
温風のみの暖房と違って遠赤外線が特徴のペレットストーブは床板や梁や壁を温めるのでじんわりとした温かさが持続します。

ストーブの中で実際にペレットが燃焼しますので「炎」がゆらゆらとする様子を見ることができます。
家の中で「炎」を見ているだけで気持ちが落ち着いたりするとおっしゃる方も多いのもうなずけます。

燃料は燃料タンクを開けてペレットを入れるだけです。
点火ボタンを押すと5分から10分ほどで自動着火します。

以上。

という手軽さが薪ストーブとは違っている特徴でしょうか。
薪ストーブのように実際に自分で薪を割って、着火からやりたいという人には物足りないかも知れませんが、あまり手はかけられないけど家の中で「炎」を楽しみたい方や街中で薪ストーブの設置が叶わない方にはぜひおすすめです。

設置工事費はいくらくらい?
煙突はどうなっているの?
ペレットはどうやって買えばいいの?
月々のランニングコストはどのくらい?
メンテナンスは?
など気になることを現地のペレットストーブ専門スタッフに聞いてみてください。

こちらはオーナーさんのお宅でのペレットストーブの設置事例です。

バイオマスエネルギーの利用が広まることを願っています。

 

/////////////////////////////////////////////////////////
新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける
岐阜・名古屋の工務店 ひだまりほーむ
/////////////////////////////////////////////////////////