蟹江町の敷地調査にて

11月になりました。
秋はなぜ旅行に行きたくなるんでしょうか。
11月は紅葉狩りに出かけたいですね。

僕の中で紅葉と言えば郡上のせせらぎ街道でした。
しかしせっかく名古屋に勤務しているので香嵐渓にも一度行ってみたいなと思っています。
母方の祖母の生まれが足助なのですが実はまだ行ったことがありません。

今週は先日下見に行ったお客様の計画地のプランを考えています。
当たり前かも知れませんが(当たり前でなくなっているのかも知れませんが)、お客様にお見せするプランがラフプランでも土地の下見は欠かさないようにしています。

先日見に行ったのは蟹江町。
名古屋市内にも通いやすい地域でご相談もあるエリアです。

名古屋に勤務するようになってから建築条件が厳しい計画が増えました(これはこれで限られた条件で色々考えるのも楽しいです)。
駐車場や駐輪場、外の物置スペースや給湯器の配置。将来のメンテナンスのためのスペースなどアイデアと工夫をメンバーで相談します。

建築条件のクリアは当然のこと、その上でもっとも大事にしているのは室内で一番気持ちがいいところを探す作業です。
言い換えれば、ご家族が仲良く笑っているシーンをイメージしてつくることです。
プランを描く段階ではお客様とも随分話をしている段階ですので、重要なのはキッチンかな?、庭かな?と想像しながら考えます。

加えて、室内から見える景色も重要な要素です。
僕も子供のころの思い出があります。
夏休みとか昼間に家にいる時、窓から見える空の雲をみては何に見えるかなとボーとしたり絵を描いたりすることが好きでした。

空を見たり、隣の公園の木を借景したり、自分の家に設えた庭を眺めたり、外で遊ぶ子供を眺めたり。
今回の計画地もどんな風に日曜日の午前中を過ごしてもらえるかなと想像しながら考えています。

いつもだいたい僕が見に行った日と別の日で設計スタッフや担当営業が見に行きます(色々な天候や時間帯で見た方がよりいいと思ってます)。
その後で営業や設計でそれぞれに感じたことを突き合わせてまとめていきます。
僕の感じた提案が社内で通ればうれしいですが、別のスタッフが全く違う面白い提案で僕を驚かせてくれるのも実はうれしいです。
さてさて、今回の計画もいよいよ始まりますがどのような打合せになっていくかとてもワクワクしています。

中島君よろしく!

 

/////////////////////////////////////////////////////////
新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける
岐阜・名古屋の工務店 ひだまりほーむ
/////////////////////////////////////////////////////////