新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

『社長をつくる』

7月25日、新建新聞社主催の「工務店経営カンファレンス」にて登壇する機会をいただきました。

300人?400人?を前にしての講演は緊張感があります。
しかも、日頃からお世話になっている「師匠」も、僕の話を聞きにわざわざ駆けつけてくださり、感謝です。

今回のテーマは「ターニングイヤーとビジョン」でした。
この先どうするのか?がお題であったと理解しています。

僕自身は、何か変わったことをするでもなく、奇をてらうことをするでもなく、あくまでも「人を育てる」という王道を進んでいきたいと思っております。

ではどういった人を育てたいのか?

「ほれられる人」

心に惚れ
心に惹かれ
心を奪われる

そんな人を育てたい。

併せて、その一環で「10人の社長をつくる」と言うビジョンを示しました。

100周年に向け、僕の最大の仕事は10人の社長をつくる事。

今現在、その候補生がチラホラと現れ、彼らが責任と覚悟を決めてチャレンジをしていってくれることでしょう。そのバックアップを僕がします。

しかし、社長になることはいたって簡単です。
その気になれば、誰にでも、すぐにでもなれます。
今すぐなれます。
肝心なことは、その社長の思考とスタンス。
ここを育てないといけません。
これが僕の仕事。
もちろん、僕自身がまだまだ未熟なため、今以上に磨き高めながら、一緒に向上出来れば最高です。

これかあも一所懸命に頑張ります。

今回、このような貴重なプレゼンの場面を頂いた新建新聞社の関係者の皆さん、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

岐阜の注文住宅と木の家の工務店