新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

デンシンボウ

僕の育った岩倉市では子供のころ電柱のことをデンシンボウと呼んでいたので今でもデンシンボウといってしまうことが有ります。

 

この電柱と電線が空に入り乱れた様相は日本独特の風景なのでしょうか。

カナダから来た友人のイラストレーターが日本の風景として電柱と電線の風景を描いていました。

電線に雀がとまっている風景が日本の風景になっているのかもしれません。

 

子供のころから毎日見ていると違和感なく暮らしていますが、実はこの人工物が視線から消えると何とも素晴らしい風景になります。

 

設計していく時、全面道路にあるのが低い電柱だと2階の窓の目の前にたくさんの線が並んでしまいます。皆さんも一度じっくり自分の家のまわりを見てみてください。

設計担当が現地調査に行った際に空は広くても電線が多い方角の空は見ないようなゾーニングをしていることもよくあります。

 

昨日見た敷地も空がすっきりしていて心地よい眺めでした。

少し遠くに視線を向けると雑木林があり、手前は低い電柱に細い電線が一本です。

これなら上手く設計すれば視線をコントロールできそうです(電気をどこから引き込むかという課題はこの敷地に限っては反対側にも道路があるのでクリアしています)。

 

住宅の性能の作り方と同じで、まず周囲の取り込みたい風景やカットしたい視線を読み解いたゾーニングを行い、次に外構含めた建物の計画で目隠し壁などを検討し、最後に室内の家具のレイアウトやカーテンなどで遮るといった外→中→内の順番がいいのではないでしょうか。

 

自然を敬い、自然に逆らわず、自然を押さえつけようとせず、自然と上手くつきあう建物の計画ができればきっといい家になるのではないかと信じています。

 

/////////////////////////////////////////////////////////
新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける
岐阜・名古屋の工務店 ひだまりほーむ
/////////////////////////////////////////////////////////

岐阜の注文住宅と木の家の工務店