新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

インターン生の5日間 #1

こんにちは!

私はインターン生の加藤です。8月27日からのインターンシップにチャレンジします! 計3回のブログには、これから私が体験したこと、学んだこと、そしてひだまりほーむの魅力をブログを通して皆様にたくさんお伝えできればと思います!

 

1日目!

まず、会社説明を聞きました。

今年でなんと90周年を迎えたひだまりほーむは、もともとは製材業として創業され、土木、芝居小屋建築、寺社建築など、様々な経験を活かして現在の住宅事業を営んでいます。経営理念に

「森を守る」「地域社会への貢献」

が掲げられ、この創業からの一貫した想いは、私も深く共感できるものがありました。

また、活動のひとつに、「ぼくらと森のかけはしプロジェクト」があります。小学生の子どもたちにリアルな森を体験し、現状を知ってもらうことで「森を守る」想いを実現させようと取り組んでいます。皆様のお子様にも是非参加してもらいたいですし、未来のための取り組みがもっと広まればと思いました。

 

次に、今回のインターンシップでの目標設定をしました。私は、工務店の事業内容や建物がつくられるストーリーをより深く知るために、1日3回「聞く」ことを目標としました。実際に社会に出て働く先輩方に、それぞれの部署の役割や仕事のやりがいなどをお伺いし、働くことの楽しさや自分が将来やりたいことを少しずつ見つけ出していきたいと思いました。

その後、モデルハウスを見学させていただきました。

まさに「木の家!」といった内装には無駄がなく、居間を中心に広々とした空間を持ちながら、扉や家そのものの形を工夫させてプライバシーも守られていました。またこの家には、100%国産の木材を使用するというひだまりほーむの「本物」へのこだわりと、外装から小さな建具まで一切の妥協も許さない職人さんの想いが数え切れないほど詰まっていて、私は一瞬で心を惹かれました。良いものにふれることでいろんな感性が刺激されたので、これから機会があればたくさんの建築物を見て学んでいきたいです!

岐阜の注文住宅と木の家の工務店