葉っぱの紅葉と効用

こんにちは!
師走に入って3日、何となく気ぜわしい感じで過ごしている鶴見です。
この季節は毎年、「これ」という用事が無くても、何かとバタバタしてしまう気がします。

さて、紅葉も終わりがけですが、皆さん紅葉狩りには出かけられましたでしょうか?

紅葉の季節になると思い出すのは、数年前に出かけた大阪は箕面大滝の紅葉です。
滝へと向かう道中、頭の上には見事な紅葉の木々が茂り、とてもきれいでした。
ただ、何よりも印象的だったのは、紅葉の木々よりも、「モミジの天ぷら」!(画像は・・・検索してみて下さい;)

紅葉の葉を塩漬けにしてそのまま天ぷらにしたものが、スナック菓子のような形で売られていました。
素朴な味と、サクサクした食感で、結構ハマったのを覚えています(笑

後々調べてみると、モミジの葉には血糖値を下げたりする効果もあるとか・・・
見た目も美しく、食べて美味しくて、身体にも良い。
紅葉の葉っぱってすごいですね。

また、この時期もう一つご紹介したいのは、「イチョウ」。
イチョウの木材は、まな板などとして使われることが多く、銀杏の実もお酒のお供や茶わん蒸しなどにしても美味しいですよね・・・
じつは、イチョウの葉も昔から、物忘れに効く薬として珍重されたり、防虫剤として使われたりと、色々な効果がある様です。

普段は見て楽しんでいる色々な葉っぱですが、ちょっと視点を変えてみると、面白いなぁと思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
名古屋・岐阜で地域に根差した住まいをつくる
工務店 ひだまりほーむ
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※