ひだまりほーむのデザイン

 

このところお客様にお伝えするプレゼンを作っていて「ひだまりほーむのデザイン」について改めて考えていました。

 

色々考えましたがやはり「美しい日本の木の家」というデザインが原点にあるのだろうと思います。

お寺や古い町並み(京都や高山、郡上、美濃など)を見て“きれいだね”といったり、住宅でも家具でも器でも斬新なデザインよりも素材の良さや職人の手仕事といったところを大事にしているのだなと思いプレゼンを作りました。

 

建物の背の高さは低く

 

南の軒は深く

 

屋根の形はシンプルに

 

自然の太陽や風を活かすことができるデザインで

 

庭や周辺環境を取り込む

 

玄関までのアプローチを丁寧に考える

 

 

今まで変わらず考えてきたことは、本で読んでもずっと昔から考えられてきた「日本の住宅のデザイン」だったのだと思います。

まだ断熱材や高性能な窓がなくエアコン、ストーブもない時代から自然の力を最大限活かすしかなかった先人の知恵と日本人が持つ自然をよく観察した繊細なデザインセンス。

 

原理原則はこの地域で取捨選択されダーウィンの進化論のように変化したものが生き残ってきた住宅のデザインがベースであるべきだなと思います。

そこに現代のテクノロジーやお客様と一緒に行う新しいチャレンジを実践することがひだまりほーむのデザインではないかとまとめました。

 

デザインにおいてもしっかりとした軸を持って次のプレゼンでしっかり伝えていきたいなと思います。

 

/////////////////////////////////////////////////////////
新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける
岐阜・名古屋の工務店 ひだまりほーむ
/////////////////////////////////////////////////////////