新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

抒情

こんにちは。設計部の川地です。

先日友人の結婚式があり神戸に行ってきました。

その際になかなか行けない神戸の美術館・展覧会めぐりをしました。

 

訪れたのは、神戸ファッション美術館で開催されていた「大正ロマン 昭和モダン」。

竹下夢二、高畠華宵、蕗谷虹児、中原淳一らの作品が並んでいます。

神戸ファッション美術館の「大正ロマン 昭和モダン」

 

 

洋装が身近になった大正時代、そして昭和のモダンガール。

そんな時代の姿を、雑誌などに表紙絵や挿絵として女性の憧れを描いていました。

こういった絵は抒情画と分類されるそうです。

 

そもそも抒情とは何か・・・

辞書によると抒情とは『自分の感情を述べ表すこと』とされています。

そういう意味では、絵には何かしらの想いが込められていますから抒情ではありますが、抒情画とは表現されません。

抒情画の定義はあいまいのようですが、大正ロマンや昭和モダンに代表される美少女・美人を描いた絵画が相当するようです。

 

作者により画風は様々ですが、個人的には中原淳一氏の作品が好みです。

可憐な画風に女性の夢や憧れ、賢さ、美しさが表現されています。

画家だけでなく、ファッションデザイナー、女性誌編集者、人形作家などの面もあり、

「夢を忘れがちな時代の中で女性達に暮しもファッションも心も「美しくあれ」と幸せに生きる道筋(オフィシャルサイト紹介文より)

を示し続けた人物です。

 

一人の女性として、強く美しく生きたいなと感じる展示会でした。

また、設計としてデザインの感性にも刺激を受けました。

他の作者の絵もとても素敵なので、ご興味のある方はぜひ!(7/1まで開催)

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////
新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける
岐阜・名古屋の工務店 ひだまりほーむ
/////////////////////////////////////////////////////////

岐阜の注文住宅と木の家の工務店