新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

祝!リノベーション・オブ・ザ・イヤー2019 受賞

《祝!リノベーション・オブ・ザ・イヤー2019性能向上リノベーション賞 受賞》

第7回リノベーション・オブ・ザ・イヤー(主催 リノベーション協議会)において、「性能向上リノベーション賞」を受賞しました!!

受賞したのは、リノベーションモデルハウス(設計:山崎明)

少し前に、皆さんの「いいね!」の応援の元、何とかノミネートに残り、昨日受賞の発表&表彰式でした。

授賞式には設計者の山崎明が出席しましたが、当日の発表まで賞をもらえるのかも分からず、ドキドキだったようです。
(実は、この授賞式は、タキシードに蝶ネクタイがドレスコードでした。まさか受賞するとは思っていない山崎は普段着での出席。。。)

今回の受賞は、リノベーションに「性能を価値」として提案しています。
下記に審査委員の池本さんのコメントを転記しましたが、
「見た目の良さだけでなく、性能の可視化を急がなければ」と
のコメントもいただき、今回の受賞は、リノベーション業界に一石を投じたのかもしれません。

リノベーションはまだまだ「流行り」の域にあり、デザインや気軽さ、DIYなどが主流です。
一方で、僕たちがすすめるリノベーションは「自然素材で断熱性能や耐震性能を向上させて、豊かな人生を送る」ことを主としての提案です。

まだまだリノベーション業界においては小さなマーケットですが、今後我々がもっと情報を発信し、このマーケットが大きくなるように頑張ります。

今年は、グッドデザイン賞(名古屋モデル/リノベモデル)、キッズデザイン賞(ひだまりカフェ)、LIXILメンバーズコンテスト敢闘賞(名古屋市W様邸)、岐阜市男女共同参画事業優良事業者賞、ぎふの木の家フォトコンテスト優秀賞(岐阜市K様邸)など、多くの住まいや取組みが評価されました。

地道に続けてきた事が少しづつ評価され始めているのはうれしい限りです。

https://www.renovation.or.jp/oftheyear/award.html

審査委員 池本さんのコメント
(※リノベーション協議会HPより)
池本 洋一
株式会社リクルート住まいカンパニー
SUUMO 編集長
今回私が感じたのは、買取再販戸建ての可能性の広がりだ。
内装・設備交換が主のマンションに対し、戸建ては性能改善、外壁屋根修繕までかかる。新築が安く簡易に建てられる日本では、性能追及すると事業性が厳しいとみる声が多い。その課題に新潟のまごころ本舗はチャレンジした。「仕入れ、設計、施工、販売」をすべて自社で行い、価格比較サイトや楽天を活用し、最安値、型落ち品を探し装飾、設備コストをダイエット。耐震、断熱には予算を多く割き、900万円台で築40年超の戸建てを二世帯住宅にリノベした。Rebitaは築25年のハウスメーカー物件で断熱等級4、省エネ等級5を実現し、家の燃費性能を示す「エネルギーパス」まで発行した。岐阜のWOODYLIFEは、自由設計リノベだが、UA値2.94から0.7と約4倍に向上させ、この地域の断熱性能等級4の数値より高い性能に。耐震の構造評点も0.58から1.71と約3倍に向上。我々ポータルサイト事業者は、見た目の良さだけでなく、性能の可視化を急がねばならないと痛感した。

 

岐阜の注文住宅と木の家の工務店