新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

脱ラップ生活

こんにちは!

営業部のモデルスタッフの西津です。

 

7月1日から経済産業省のレジ袋有料化制度が始まりますね。

 

プラスチック製品は、便利なものである一方で、限りある化石資源でできていて、

海洋プラスティックゴミとなって海の生き物を苦しめたり、

燃やした際には二酸化炭素の気体となって地球温暖化を引き起こしたりしています。

今回の制度は、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えて、

私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としているそうです。

 

私は15年ほど前から脱レジ袋生活をしていて、主に120センチ角の大判の風呂敷を使っています。

なのでレジ袋有料化の影響は少ないのですが、

さらに生活を見直し、そろそろ脱ラップ生活ができないものかと思っています。

 

最近購入したのが、こちら使い捨てではないラップ。

使用感はラップとあまり変わらず。洗って何度も使えますが、そもそもプラスティック製品。

しかも販売元を確認せず購入したら海外製品で、運搬のためのガソリンが使われてしまいました。

何をしていることやら。。

 

 

もう一つ購入したのが、蜜蝋をしみこませた布。

こちらも洗って使いますが、思ったより使いやすいです。

蜜蝋は殺菌成分が入っているため、食べ物も腐りにくく、もちろんみずみずしさも保てます。

何度も包んだり広げたりするうちに、蜜蝋が折り目で割れて取れてくるので、

たまにアイロンをかけて熱を加え、また布に再付着させると、また手触り良く自然に包めるようになります。

なかなか気に入ったので、自分でも、蜜蝋と布でいろんなサイズをつくってみようと思っているところです。

 

平皿もラップの代わりになります。お皿を載せて蓋をしてレンジにかけてチンッ!

中身が見えないところが不便ですが、洗うだけでいいところが便利。

 

脱ラップ生活、他にも良い方法があれば教えてくださいね!!

岐阜の注文住宅と木の家の工務店