新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

建築巡りの旅 ~雲の上の図書館~

こんにちは!設計部の川地です。

ここ最近は梅雨らしく雨が多いですね。九州では豪雨による被害も大きいようで心配です。

うってかわって今日の岐阜は晴れたのでむしっとした暑さ・・・

こういう時ほど熱中症になりやすいので注意したいですね。

 

さて、そろそろ本題に・・・。

四国建築巡りの旅第2段!高知県梼原町へ行ってきました。

梼原町には隈研吾氏が設計した建築が多く点在しています。

梼原町は四国カルスト高原地帯にある町です。標高も1400mという高地にあることから「雲の上のまち」と謳っています。

また、町面積の90%以上を森林が占めている自然豊かな土地です。

梼原町での隈研吾氏設計の建築物は、そういった地域の特性から構造材や仕上材などに梼原町の森にある杉材が使用されています。

 

その中でも印象的だった2つの建物をブログで紹介したいと思います。

まずはその内の1つとして「雲の上の図書館」をご紹介します。

 

館内は森の中を想起させるように、複雑に組まれた杉材が天井から下がっています。

土足ではなく靴を脱いで中に入るようになっていて、床に座ったり段差に腰掛けたり、自分で好きな滞在場所を選んで好きに本を読むことができます。

館内にカフェがあるのもゆったりとくつろぐ気持ちをもたせてくれますね。

 

館内をうろうろしつつ本棚を見ていると、なぜか棚の中にジオラマが!!

このジオラマは本棚のジャンルに合わせて置かれています。

よりその本への興味がわいてくるような素敵なジオラマでした。

 

そしてそして・・・

おや?このマークは・・・

 

SDGs特集発見!!!

17項目にわけて各目標に合った本が並べてありました。

SDGsについては以前設計部の中嶋が書いたブログもぜひ読んでみてください。

SDGsを学ぶ

 

 

図書館の外には青々とした芝生が広がっています。

この日はあいにくの雨でしたので誰もいませんでしたが、気持ちのよい晴れた日は子どもたちが駆け回るんだろうなとほほえましく思えました。室内から良く見えるので、親御さんたちも安心です。

 

杉の木のやさしさと温もりを感じる図書館でした。

次の記事では梼原町×隈研吾の建築めぐり2つ目をご紹介します。

こうご期待!?

 

設計部 川地成美

/////////////////////////////////////////////////////////

新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける

岐阜・名古屋の工務店 ひだまりほーむ

/////////////////////////////////////////////////////////

岐阜の注文住宅と木の家の工務店