新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

太陽熱で、命を守る家

こんにちは、営業部の鶴見です。

今回は、本巣市の見学会のご紹介と、OMソーラーという太陽熱を活かした空調・換気のご紹介です。
6月下旬から、7月下旬までご見学いただける、本巣市の家。

当社の中でも人気が高い「HAKOYAスタイル」のお住まいに、OMソーラーという空調・換気システムを採用しました。

このOMソーラーという仕組みは、今後ひだまりほーむのスタンダードになっていきます。

簡単な仕組みは、
①屋根の上の太陽熱を集めるパネルと屋根の間を、空気が通る(屋根の天辺に向かって登っていく)
②通っていく間に、太陽の熱で空気が温められる
③暖まった空気を冬場は1階の床下まで送って、床暖房
④夏は温まった空気から、熱だけを回収して、お湯を沸かす。(暖かい空気自体は、屋根裏から排気)
というような形です。

夏は太陽の熱でお湯を温めるので、給湯の光熱費削減。
冬場は太陽の熱で床暖房を行うので、暖房の光熱費削減+建物の全体で温度差が少ない快適な暮らし。
が実現できます。

また、空気を送るためのファンは、屋根の上についている小さな太陽光発電によって可動するので、停電時でも作動します。

この仕組みが、万が一冬場に地震などの災害があったときに、ご家族の命を守ります。

というのも、冬場に震災などが起こると、長期に渡って停電が起こります。
実際に、東日本大震災の際には、建物自体は無事だったけれど、その後暖房のための電気が無く、家が寒くて居られないという方が多くいらっしゃったそうです。

そんな時に活躍するのが、OMソーラー。
外部からの電気が止まっても、空気循環のファンは動くので、太陽の熱だけで家を暖かく保つことができます。

もしもの時も、家族の命を守る家。
OMソーラーをつけて、実現しませんか?

鶴見 匠

岐阜の注文住宅と木の家の工務店