新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

インターン発見!!

こんにちは!インターン生の江崎です。

ひだまりほーむに来てから4日がたちました。今日は、3日目と4日目におこなったことについてお伝えしたいと思います。

 

3日目

・現場同行

1日現場をまわるのに同行させていただきました。今まで建築を学んできたのですが、1度も現場に行ったことがなかったのではじめての経験でした。1軒目は、先日の台風の影響により太陽光パネルが破損していないかの確認でした。ヘルメットをかぶりはしごで屋根の上にのぼる姿をみてここまでやるのか!と、とても驚きました。ひだまりほーむでは1年に1回定期点検をおこなっているそうです。こんなに頻繁におこなっている会社は少なくて、社員さんが、家をたててからもお客様との関係を大事にしたいとおっしゃっていて、こうして双方の間に信頼関係が生まれるのだと感じました。

2軒目3軒目4軒目は、職人さんとの打合せもかねたリフォーム住宅の現場に行きました。職人さんと細部まで話し合っていて一切妥協を許さないプロの意識がとても高い方ばかりでした。どうしたらお客様に喜んで使ってもらえるのだろう、居心地のよい空間になるのだろうと意見を交換していて、ひだまりほーむでは職人さんと現場監督の方は同じ立場で意見を言い合うことでよりよいものをつくっていることが分かりました。

現場に行って一番感じたことは、職人さんとのコミュニケーションの大切さです。たわいもない会話もしたりして、いい意味で遠慮せずに意見が言える関係になることが、よいものをつくることにつながっているのだと思います。

移動時間に、社員であるくらちさんから進路のことや仕事をきめるにあたって大事なことをたくさん学びました。一番大事なことは、自分がやりたいことを明確にすること、多くの会社のことをしっかり調べたり実際自分の目で確かめていくことだと感じました。

多くのことが学べた密度の濃い1日になりました。

     

 

 

4日目

・広報用図面作成

2日目にやった作業の続きをやりました。仕上げに近づくにつれきれいになっていく図面をみて達成感がありました。また、完成したときこれがお客様のもとにいくのだと考えるとうれしかったです。こういう喜びや達成感が仕事をやる気にさせてくれたり、つらいときでも頑張れる材料になるのだとなと感じました。

 

岐阜の注文住宅と木の家の工務店