新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

【在宅日記】在宅勤務1日目

こんにちは!

設計部の中嶋です。

 

実は現在、在宅勤務をさせて頂いております。

アパートでの在宅勤務。

私自身、初の試みなので少し日記風(書きやすいので)になりますが、

書き綴っていきたいと思います。

____________________________________________________________

■1日目

在宅勤務を始めた。

まずはどこで仕事を行なうか、デスクを決めなければならない。

以前購入した作業机がある。

が、関係ない書類などでパソコンを置く場がない。

フリーペーパーなどが散乱しているので、

いざ使おうと思った時に困ってしまった。

ゴミを片づけ、ようやく着座。

・・・会社のデスクと感覚が違う。

それもそのはず、この作業机は高さが80cm。

会社のデスクは70cm。

身長168cmの私には、80cmの作業机は高すぎる。

買うときにはわかっていたが、いざ体感するとこれほどまで使いづいらいとは・・・・

クッションを椅子に敷いてかさ上げをし、少しマシになったデスクを前に業務を開始する。

 

・・・暑い。

正確には蒸し暑いというのが正しい。

湿度計は70%を指している。

ひだまりほーむの事務所は、床は桧、壁は漆喰と自然素材。

対してクロスが使われているアパートでは、湿度のコントロール等できない。

まして隣の部屋では部屋干しをしているので、

湿度はさらに上昇・・・

これは過ごしづらい。

室温は29℃、湿度は70%のため、不快指数は79.9。

75を超えてくると、蒸し暑さを感じるわけだから、職場の環境としては良くない。

除湿機がないので、室温を下げるためエアコンを利用。

 

12:00

ランチタイム。

パスタにすることにした。

 

どば!

気づいた。

昼休みは1時間。

その中でパスタは、

①湯を沸かす

②ゆでる

③ソースを作る

④あえる

この工程を踏むには短かった。

それ以上に、冷蔵庫にあるものからメニューを決めるのに時間がかかり・・・

ネギ塩豚パスタ。

メニュー決めし、作るのに20分、食事時間は5分。

片づけ等々していたら、昼休みは終わってしまった。

とはいえ、夕飯の仕込みもすんでいるので、

夜は楽である。

 

午後はなれた来たのか、仕事もスムーズに進められる。

ZOOMを利用しての会議もできるので在宅でも問題ない。

 

しかしZOOM会議をしていて気づいた。

自分の話している声が大きい。

聞こえやすいようについつい声をはってしまう。

これはアパートでは致命的になりかねない。

イヤホンマイクを付けて行っているが、難しい。

改善が必要。

在宅勤務の場合、作業をする場所が必要なのはもちろんだが、

電話などをどこでするかも考えなければならない。

特に家族がいる場合は、お互いに気を使ってしまうので、

アパートでは非常に行いづらい。

 

一日目を過ごしてみて、

在宅勤務をいいと感じるかは、やはり家の環境によりけり。

個人的には、ひだまりほーむの事務所が自然素材でできており、

蒸し暑さを感じず仕事ができていたのは、ありがたいなと感じている。

_____________________________________

明日からも体感レポートは少しずつ更新していきます。

在宅勤務も意外と大変でした。

蒸し暑い部屋の中では、集中し続けるのも大変です。

書斎がほしくなりました・・・・

 

 

 

岐阜の注文住宅と木の家の工務店