新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

『自分らしく生きる』

あけましておめでとうございます。
今年の正月は、地元の鶉田神社の氏子の役を頂き、年越しは鶉田神社で迎えました。
鶉田神社は戦国時代に織田信長が必勝祈願に参拝したという神社です。
また、本殿には左甚五郎作の「尾なし龍」の彫刻があります(写真)。
人出の減った2時頃にお役御免となり、初詣を済ませ帰宅。

元旦であるものの、愛娘のツキはしっかり5時に僕を起こします(笑)。彼女には、元旦も日常と変わらない一日のようです。

さて、
令和2年、2020年をどう生きるか。

今年のテーマを
『自分らしく生きる』
としました。

2020年は、オリンピックを控え日本国中が盛り上がることでしょう。
夏には、世界各国のアスリートが我々美多くの感動や勇気を与えてくれることと思います。今からワクワク感が止まりません。
しかし、オリンピック後の日本経済については悲観的な論調が目立ちます。
住宅業界においては昨年は増税、自然災害、異常気象などが多発し、心の病むことが多かったように思います。

2020年も昨年同様に明るい未来ではないのかもしれません。
そういった中、消費行動の変化は我々木の家工務店にとっては追い風であると考えています。
「木の家の良さ」や
「自然素材の家の良さ」といった、
より本物を求める消費行動が力強くなってきているように感じます。

そこで問われるのは我々の意志やスタンスや立ち位置。
自分の「旗」を天高く掲げることがとても重要な気がします。

自分らしく生きるとは、そういった旗を掲げること。
恐れず、怯まずに、自分の限界に挑戦しながら表現したいと思います。

織田信長が戦国時代に必勝を祈願したのと同様に、経済戦国時代の今、私も必勝を祈願し、令和2年をスタートしました。

自分らしく。
2020年を思いっきり楽しみながら謳歌します。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

令和2年 元旦
 
ひだまりほーむグループ
 株式会社鷲見製材
 株式会社WOODYYLIFE
 代表取締役社長 石橋 常行

岐阜の注文住宅と木の家の工務店