新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける岐阜・愛知・名古屋の工務店

『人をつくっています』

今月号の新建ハウジング プラスワンにて、ひだまりほーむの人材育成の取組みが6ページに渡り紹介されています。

僕は、
「中小企業こそ人材育成に時間とコストをかけるべきである」
と考えており、分不相応に人材育成に時間とコストをかけてきました。
テクニック論も大事です。
しかし、もっと大事なことは、そのテクニックを駆使する「心」の部分。
ここを鍛え、高めなければそのテクニックは正しく使えません。

社員に限らず、職人にも
「技術を磨く前に、人を磨け」
と、15年来問いかけ続け、僕の自慢できる職人集団になって来ました。

社員にも同様に問いかけ続けてきました。
その様子やその歴史を本誌では細かく書いてくれました。

尚、先日岐阜市より表彰された「男女共同参画事業者優良社賞」においては、「女性にも平等に教育をさせている」との評価をいただき、世間様とのギャップも大きく感じたところであります。
何故ならば、男性も女性も僕にとっては一切関係有りませんし、考えたこともなかったため、驚きとショックを感じました。ここを評価されるということは、世間ではまだまだ男女という「差」があるようですね。
残念なことですし、意味が分かりません。

いずれにしても、10年以上続けているこの人材育成への想いが、各方面から評価をされつつあることに感謝をしています。
また、社員も自分たちの取り組みが間違っていないと、自信を深めたのではないのでしょうか。

今回、取材し、まとめてくださった新建ハウジングの峰田さん。ありがとうございました。

岐阜の注文住宅と木の家の工務店