岐阜の注文住宅と木の家の工務店ひだまりほーむ

「やりたいことは全てやり尽しました!」ご夫婦共通の趣味であるF1のある暮らし

訪問レポーター

主任新川 綾子

Data

場  所
岐阜県笠松町
スタイル
季然 Style
家族構成
ご夫婦ふたり
こだわり
季然styleの大屋根が美しい外観です。 ご夫婦共通の趣味であるF1が随所に感じられるこだわりの住まいです。

「やりたいことは全てやり尽しました!」
ご夫婦共通の趣味であるF1のある暮らし

「かっこいい家にしたかった」家づくりの想いをこう語るF様のお宅を今回は拝見してきました。F様の家の特徴はなんといっても、ご夫婦の共通の趣味であるF1のある暮らしです。玄関を開けるとさっそくF1の写真ボードがお出迎えしてくれました。

笠松のF様の家づくりOLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真ボード

F様と季然の出会いは、今から約1年前。たまたま通りがかったモデルハウスに、なんとなくふらっと立ち寄ったそうです。しかし、入った瞬間の開放的な空間、木の家の落ち着きにインスピレーションを感じ、他のハウスメーカーにはない居心地の良さを感じたという。そして、何度か内覧会にもご参加していただきましたが、その時のインナーガレージのある大屋根の家の外観に魅了されたそう。これが決め手となってF様の季然での家づくりがスタートしました。

「挙げだしたら切りがない」というほど、細部にまでこだわった家。「やりたいことは全て出しました」というご主人。大好きなF1のミニカーを飾るための階段のディスプレイ棚やギャラリースペース。小さい頃からの夢でもあった吹き抜けにウッドデッキ。女性ならではの収納スペースに大容量の下駄箱。以前見た時に一目ぼれした小上がりの寝室に、チェッカーフラッグをイメージした市松模様の庭の芝生に和室のふすまと、こだわりが尽きません。

笠松のF様の家づくりOLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミニカーディスプレイ

笠松のF様の家づくりOLYMPUS DIGITAL CAMERA

チェッカーフラッグの芝生

奥様の「好きにしなさい」という言葉が旦那様の「プレッシャー」にもなっていたという。長い年月をかけた家がようやく受け渡ったとき、ご主人の目からは自然と涙が流れたそうである。

お引渡から約1ヶ月。季然の家での暮らしぶりをお伺いすると、「自分の家という安心感がある。今は家に帰ってくるのが楽しみだし、和室でゴロゴロする時間も楽しい」そして何より、「ボーとする時間ができた」という。植木の水やりも大変だけど、春には桜の花が、秋にはもみじの色づきが、そして冬にはみかんの実のらせるのが待ち遠しい、と四季のうつろいを愉しんでいるご様子でした。

お訪ねした日は残暑の厳しい昼下がりでありましたが、心地よい風がカーテンをゆらゆらとゆらし、その隙間から除く市松模様の芝生が目に美しく感じられました。

岐阜の注文住宅と木の家の工務店