岐阜の注文住宅と木の家の工務店ひだまりほーむ

  • HOME
  • パッシブデザイン

パッシブデザイン

その土地の気候風土を読み解き、
春夏秋冬を快適に過ごしましょう。

パッシブデザインとは、太陽・風・地熱といった再生可能エネルギーをうまく活用したり、調整したりすることで、暖かさ・涼しさ・明るさを実現させ、同時に省エネになることを目指す設計手法です。

現代のようにエアコンなどが無かった昔、日本人は少しでも快適に暮らすために太陽を取り入れたり、遮ったり、風も同様に取り入れたり、遮ったり、自然の力を最大限活かす工夫をしていました。当然、エネルギーコストも少なく、エコロジーな暮らし方だったと言えます。

このような自然の力をそのまま住まいに取り入れることをパッシブデザインと言います。これは「昔の生活に戻ろう」ということではなく、昔からの日本建築の知恵を現代の暮らしや住まいに取り入れようというものです。

難しいことではなく、ポイントは光、風、熱の3つを考えることです。
自然と共生するデザインこそが、パッシブデザインといえます。

しかしながら、全国どの地域においても同じ条件ではありません。
岐阜や名古屋の気候風土は、夏は日照時間が長く蒸し暑い。冬は北西からの卓越風(通称:伊吹おろし)が強く寒い。全国的にみても、過酷な気候風土と言えます。
ひだまりほーむの木の家は、そんな独特の気候風土や敷地環境にあわせ、光や風・太陽熱をコントロールし、自然と共生しながら快適に過ごせるパッシブデザインで設計します。また、パッシブデザインを取り入れることで、冷暖房や照明の使用を少なくし、機械に頼らない省エネ住宅を実現します。

自然をデザインするパッシブデザイン

  • ■光をデザインする
  • ■風をデザインする
  • ■熱をデザインする

光をデザインする

光を取り入れる。光を遮る。
夏の日差しは遮りたい。しかし、冬の日差しは取り入れたいという、一見矛盾したこの想いは、屋根の軒の長さを調整することで実現できます。
夏至の頃は、高い所から入る太陽光を遮り、冬至の頃は、太陽光が低く入るため、室内に取り入れることが出来ます。

また、夏の日差しは、小さな庇にすだれやよしずといった窓の外側で対応することも可能です。昔から伝わる先人たちの知恵です。

風をデザインする

風通しの良い住まいは、パッシブデザインを検討するうえでとても大事なことです。近ごろの住まいは、風の心地良さよりもエアコンなどの空調により空気をコントロールをするため、窓の配置計画はあまり考慮されていません。

一年のうちで、風の心地良い時期(春・秋)には、窓の配置計画により、季節風を室内に取り込みましょう。家の中を風が通りぬけるデザインにすることで、空気が循環し、より快適に過ごすことができる。

また、風の吹き方やどこから吹くのかなどは、地域性があります。その地域性を考慮に入れながら、窓の配置を計画しましょう。

OMソーラー

logo太陽はトモダチ。
そのトモダチを活かすために、
ほんの少し機械の力を借りました。

OMソーラーシステムは、「太陽エネルギー」や「自然の風」を最大限に活用する「パッシブソーラー」システム。
太陽エネルギーを積極的に活用するために、ほんの少し機械の力を借りて、冬暖かく・夏涼しい空間を実現します。
小さなエネルギーで日々の暮らしを快適に過ごしませんか?
OMソーラーは住まい手の健康と地球環境にやさしい仕組みです。

冬の昼

image

昼間、屋根に降り注ぐ太陽の熱や、太陽光発電時に発生する熱を活用して、冬の冷たい外気を温めます。
こうして温められた空気を、太陽電池を稼働するハンドリングボックス内の小型ファンの力を借りて床下に送ります。
床下に送る途中で清浄化された空気が床下に広がり、床下の蓄熱コンクリートに熱を蓄えながら室内を温めます。
また、OMソーラーが稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に取り込んでいるので、暖房しながら換気ができます。

冬の夜

image

昼間に蓄えられた床下の熱は、夜~朝にかけてゆっくりと放熱して
床を温めるので、室内は一日中自然なあたたかさに包まれます。
暖房器具で部屋ごとに温めるのではなく、家全体を温めるので、
部屋ごとの温度差が少なくなります。居心地がよくて身体にやさしい暖房です。

夏の昼

image

昼間、降り注ぐ太陽により熱せられた屋根の熱は室温に影響します。これを防ぐため、小屋裏の夏排気口から熱を排出します。
この熱はただ排出するだけでなく、貯湯槽の水を温めることに利用できます。
お湯採りは、地域や日によって差がありますが、春から秋にかけて30~50℃のお湯が一日約300リットルとれます。

夏の夜

image

快晴の日の雲のない夏の夜は、放射冷却現象を利用して涼しい外気を室内に取り込みます。

なぜ今、ひだまりほーむが
OMソーラーを採用するのか

ひだまりほーむが住宅事業を立ち上げて20年が経ちました。
これまで、国産材100%の木の家、そして自然の力を活用したパッシブな家を追求してきました。

昨今のエネルギー問題は、十数年前よりも深刻な状況になっています。
出来る限り小さなエネルギーで生活できる家をつくることが、我々住宅会社にとってより重要になってきます。

住宅事業を立ち上げたときから、
地産地消・林業問題解消の観点から国産材にこだわり、住まい手の健康の観点から自然素材を使用し、
省エネルギーの観点から断熱性能向上やパッシブデザインの設計に取り組んでまいりました。

これからは、身近にある太陽のエネルギーをもっと上手に使いたいと思っています。
太陽光による発電や蓄電はもちろんのこと、
太陽熱を暖房に使ったり、換気に使ったり、給湯に使ったり、
もっと活用できるはず、と思い、出会ったのがOMソーラーでした。

「もっともっと、すぐそこにある森の木を使おう」
と、これまで国産材にこだわってきた私たちが
「もっともっと、すぐそこにある太陽を力を借りよう」
と考えるのは自然なことでした。

世界では、持続可能な社会の実現に向けた取り組みが広がっています。
この時代だからこそ、「木と太陽と風を活かす」人間の営みの根本に力を入れてまいります。

令和2年2月

岐阜の注文住宅と木の家の工務店