サニタリースペース トイレ編

愛知でトイレのメンテナンスなら,ひだまりほーむ

愛知でトイレのメンテナンスなら、ひだまりほーむ。トイレの汚れは水あか、し尿、皮脂汚れ、綿ボコリ、トイレットペーパーのチリなどが考えられます。
汚れを放っておくと尿水成分と空気中の炭酸ガスが結びつき、「尿石」という頑固な汚れに変化します。
気づいたときにすぐおそうじするのがポイント。
小さなスペースですから、こまめにお手入れすれば効果を実感しやすく気分よく使用できます。

道具と洗浄剤

・ぞうきん ・歯ブラシ
・はたき ・バケツ
・ポリ手袋 ・ラバーカップ

《 掃除回数 》

毎日便座そうじ 
使用後はトイレ用クリーンペーパーなどでこまめに汚れを落とす。
汚れが見えなくても1日1回は便器をブラシで掃除しましょう。
その際、水位線の辺りやふち裏は丁寧に。
ふちの水はねや汚れは、トイレットペーパーでひと拭き。

週1回便器
特に汚れが溜まりやすいのは、ふち裏の吐水口周辺。
尿石がこびりつくと臭いの原因にもなります。
クエン酸水をスプレーし、古い歯ブラシでこすって汚れを落とす。
取れない時は、ペーパーを濡らして粉末をふりかけて貼り付け、しばらく置いてから再度こする。

週1回便座・ふた
半乾拭きぞうきんか使い捨て布で丁寧に拭く。
尿汚れには、クエン酸スプレーで拭いてから水拭きを。
付け根の接続部分は凹凸があって特に汚れが溜まりやすいので、
歯ブラシや綿棒を使ってきれいにしましょう。
ウォシュレットのノズルも固く絞った布で拭く。

手洗い器
水が流れホコリが落ちるので、汚れが溜まりやすい場所です。
スポンジなどで丁寧にこすって、乾拭きで仕上げる。

床・壁
床はぞうきんで半乾拭き。尿汚れにはクエン酸水をかけて拭いた後、水拭きする。
スリッパがあれば、ついでに拭きましょう。
また汚れが溜まりやすい便座との境目は、サッシヘラに使い捨ての布を巻いたものを差し込んで、便器沿いに拭いていく。壁拭きも同様に行う。

月1回タンク
トイレ用洗剤やクリームクレンザーで水あかを拭き取る。

月1回パイプ
金属部分は柔らかい布を使用。湿気がついたままだとサビの原因に。
サビが出たら、市販のサビ取り剤で落とした後、防サビ剤を塗っておくと安心。

月1回換気扇
ホコリが穴をふさいでしまうと機能が低下。ホコリをそうじ機で取り除き、ルーバーを外して中のファンもきれいにする。

月1回トイレットペーパーホルダー
汚れに重曹水をスプレーして拭き、水拭きをする。

こんなときはどうしよう!

・詰まり・・・止水栓を締めてからラバーカップでつまりを取る。
一回で詰まりがとれなければ、数回繰り返す。
詰まりが取れたようであればバケツで少しずつ水を流し、流れていることを確認。
ゴミ袋や透明ビニールシートの中央に穴を開け、ラバーカップの柄を通して作業すると水はねの防止に。

・水が止まらない・・・まずは、浮きゴムにゴミがついて隙間ができていないかチェック。
ゴムが摩耗していた場合は新品と取り換える。また、浮き球のセッティングが高すぎないかを確認し、
浮き球の支持棒を調整。合わせてパッキンの劣化も確認しましょう。

・水が出ない・・・鎖が切れている場合は交換、たるんでいる場合は調整します。心棒の緩みは締め直す。

・水が溜まる・・・浮き球が引っかかって下がらなくなっていたら、取り付け位置を確認する。

※注意事項
●タンクふたやタンク内部のおそうじには、酸性・アルカリ性洗剤は使用しないでください。
●芳香洗浄剤なども使用しないでください。
●粉末クレンザー・歯磨き粉・サンドペーパーなど粒子の粗い研磨剤やたわしは、本体を傷つけるので、使用は避けてください。
●便器用洗剤などの気化ガスがウォシュレット本体内に入ると、故障の原因になりますので、早め(3分以内)に洗い流した後、便座・便ふたは開けたままにしておいてください。
また、便器についた洗剤は確実に拭き取りましょう。
●凹凸のあるフレキホースは、凹部に汚れが溜まりがちなので、小まめにお手入れをしましょう。
●浄化槽をご使用の場合、汚物を分解するバクテリアが死滅すると、浄化槽から悪臭が発生します。薬品などを流すのはやめましょう。
●機能付きの便座は電子部品が入っているので、水をかけないでください。
その他わからないことがあれば、愛知でトイレのメンテナンスを得意とする、ひだまりほーむへご相談ください。