23回の検査体制で安心・安全の家づくり

ひだまりほーむでは、住宅を建築するにあたり、合計23回の検査をします。
そこには理由があります。
どんなに良いコンセプトでも、どんなにカッコいい設計でも、どんなに高い住宅性能でも、施工が悪ければそのコンセプトも設計も性能も活かされません。
ひだまりほーむの住宅は、すべてが職人による手作りです。手作りの良さを活かすために、ひだまりほーむでは厳密なチェックと検査を実施します。
5回のお客様の立ち合いによる検査と、13回の社内検査、5回の第3者機関等の外部機関の検査を実行し、住宅性能の高い家づくりのため丁寧に正確に家づくりをしています。

検査内容

  1. 1.地縄張り検査(社内)
  2. 2.地縄立会検査(施主)
  3. 3.遣り方検査(社内)
  4. 4.配筋検査(社内)
  5. 5.JIO配筋検査(外部)
  6. 6.基礎型枠検査(社内)
  7. 7.基礎出来形検査(社内)
  8. 8.土台伏せ検査(社内)
  9. 9.構造材・材料検査(社内)
  10. 10.上棟立会検査(施主)
  1. 11.建て方検査(社内)
  2. 12.JIO躯体検査(外部)
  3. 13.役所中間検査(外部)
  4. 14.外部下地検査(社内)
  5. 15.JIO外装下地検査(外部)
  6. 16.電気配線立会検査(施主)
  7. 17.木下地完了検査(社内)
  8. 18.造作工事立会検査(施主)
  9. 19.外装検査(社内)
  10. 20.造作工事立会検査(施主)
  1. 21.工事完了検査(社内)
  2. 22.役所完了検査(外部)
  3. 23.工事完了立会検査(施主)