各務原の青空の下で

こんにちは。

設計部の中嶋です。

 

先日、設計部と工事部でミーティングを行ないました。

定期的に行っているのですが、

ここでは、

・現場で起きている問題の解決、より良い方法の検討

・互いにやりたいことに対しての意見交換

などなど活発に意見交換が行われております。

今回はそれを各務原モデルハウスで行ないました。

 

 

 

日が暮れるまで行い・・・

どうしたらより良い住まいをお届けできるかを検討しています。

 

今回伝えたいのは、そのお昼の場面。

 

 

 

 

各務原モデルの庭でお弁当を食べているシーン。

これがとても気持ち良かったです。

こうやって外でお弁当を食べていると、ふと思い出すことがあります。

 

まだ幼いころ、外食というものにあこがれていました。

外のお店で食べるのは、月に1度あるかないか。

父親も母親も若く、なかなか外で食べるのも難しかったのかもしれません。

 

外食がしたい!と母に言っては困らせていたある日、

「じゃあ」と言って、庭先にキャンプテーブルを出して一言。

「ほら、外食だよ」

子どもながらにこれは違うだろ・・・と思いながらも、

外で食べるカレーは、お店で食べるよりもちょっぴりおいしい気がしました。

 

今思えば、これが豊かな暮らし方の一つなのだと思います。

ただそれを子どもが理解するのはずっと先なのでしょう。

そのずっと先に今の自分がいるとすれば、

また私も自分の子どもに伝えていってあげたいなぁなんて、

思ったりします。

(といってもまだ未婚なのですが・・・)

 

各務原の青空の下、ふと昔を懐かしめたミーティングでもありました。

/////////////////////////////////////////////////////////
新築の注文住宅や企画住宅・リフォーム・庭を手がける
岐阜・名古屋の工務店 ひだまりほーむ
/////////////////////////////////////////////////////////