家族や友人と愉しむくつろぎ時間 ずっと大切にしていきたい木の住まい

訪問レポーター

主任新川 綾子

Data

場  所
岐阜県本巣市
スタイル
ひだまり Style
家族構成
ご夫婦+5才の男の子
こだわり
広々としたLDKや子どもたちの遊び場。家族や友人、多くの人が集まるお住まいです。

家族や友人と愉しむくつろぎ時間 ずっと大切にしていきたい木の住まい

今回は本巣市にあるG様のお住まいにお伺いしてきました。室内に入ると、ご家族全員が「こんにちは!」と満開の笑顔でお出迎え。H君は「幼虫から育てたんだよ。」とカブトムシを自慢げに紹介してくれました。室内は、思わず声が漏れてしまうほどのすっきりとした広がりのある明るい空間!そんな空間に奥様が選び抜いた北欧雑貨が色を添えるように一つ一つ丁寧に飾られており、ほんの少しの時間そこにいただけでも、大切に住まわれていることが伝わってきました。

SONY DSCお庭の緑と真っ白な外観の美しいコントラスト

SONY DSC

奥様が選び抜いた北欧雑貨

当初は、大手ハウスメーカーでシンプルモダンなおしゃれな住まいを検討されていたG様。「木の家」の存在を知らなかったそうです。しかし、元々木が好きで、木育に関心のあったG様は、「木の家」を知り、初めてひだまりほーむに足を運んでくださりました。その後、何度も足を運び、その度に木の香りやぬくもりにとても感動!「ひだまりほーむの家以上にいい家はない!」と思ったそうです。G様は、おしゃれさを追及するよりも、木のぬくもりや温かさの中で暮らしたい!と家づくりに対する考え方もがらりと変わったとのこと。引き渡し式の日には、「この家はずっと大切に住みます!」と大工さんに宣言されたそうです。

そんなG様の家づくりの一番のこだわりは「人が集まる家にしたい」。訪れる人が落ち着いて、長居したくなるような住まいにしたいということでした。お庭ともつながる広々としたひとつなぎのLDKは、お友達がゆったりとくつろげる気持ちのいい空間とのこと。ウッドデッキでのプール遊び、芝生でのランチを楽しむこともあるそうです。二階のフリースペースは子どもたちの遊び場!お子様が遊んでいる間、お母さんたちは一階でおしゃべりを愉しむことができるそうです。大人も子どもも、それぞれの関わり合いができるG様の住まいは、人と人とがつながる心地よい小さなコミュニティになっていると感じました。最近では、毎週のようにお友達を呼び、多いときは20人ほど集まるにぎやかなお住まいとなっているそうです。
imgp2173広々としたLDK


imgp2245
フリースペースはH君のお気に入り!

G様のもう一つのこだわりは、キッチン前の小上がりの畳コーナー。家事をしている時も、H君の声をひろってあげたいとの想いで目の届く位置に設けました。今では料理をしながらでも遊んでいるH君と目線が合い、会話ができることで親子の大切なコミュニケーションの場になっているそう。

「思い描いていた暮らしが実現できて大満足です!引き渡し式で宣言した通り、この住まいはずっと大切にしていきたいと思っています。」とG様。住まいを大切にしたいというG様の想いが訪れる人に心地よさを与えてくれていると感じました。私たちもG様の友人として遊びに来たかのように、ゆったりとした時間の中でくつろげる、そんなお住まい訪問になりました。

SONY DSC