緑あふれる心地よい住まいで“暮らしづくり“を愉しむ

訪問レポーター

主任新川 綾子

Data

場  所
岐阜県岐阜市
スタイル
ひだまり Style
家族構成
ご夫婦+小学生の男の子と女の子・幼稚園の女の子
こだわり
室内もお庭も緑あふれる 心地の良い街中の住まいです。

緑あふれる心地よい住まいで
“暮らしづくり“を愉しむ

まず出迎えてくれたのが森の小道をイメージさせるアプローチ。
奥様が植えられた花々等が植えられており、森のコテージに来たかのようにわくわく。
寄り道をしながら、のんびりと歩いて玄関に。アプローチだけでなく室内も、緑をたっぷり感じられる住まいでした。

SONY DSC

森の小道のようなアプローチ

はじめはハウスメーカーの住まいを検討されていたN様。
しかし、木の家の存在を知り、そこから家づくりへの考え方が180度変わりました。
クロスやフローリングではなく、無垢の床や漆喰の家に住みたいと思われたそう。
最終的に、スタッフや会社の雰囲気が良く、何でも話せて信頼できると感じたひだまりほーむで建築を決めてくださりました。

施工中は、2~3日に1回は現場に足を運び、「ものづくりって、こうやってできていくんだな。」と日々実感をしていたそう。
「過程を見たことで家に対して愛着も湧いています。こんな家づくりができて幸せです。」とお言葉をいただきました。

N様のご要望通り、お庭とつながる、明るく広々とした住まいになりました。
忙しい毎日に、ゆとりと落ち着きを与えてくれるそう。
空気も気持ちよく、人ごみの多い場所へ出かけても、帰宅するとすっきりするとのことです。
子どもたちは以前に比べて、ダイナミックに遊びをするように。
家中を走り回ったり、お庭で花火やシャボン玉をしたりのびのびと暮らしているそうです。

SONY DSC

お庭で遊ぶ子どもたち

奥様のあこがれであったお庭は、春夏秋冬1年中手を加えながら愉しんでいるとのこと。
いずれはお庭にテーブルや椅子を置いて、緑を近くに感じながらランチやお茶をしたり、
読書をしたりしたいと嬉しそうに話を聞かせてくれました。

お庭づくりだけでなく、N様の住まいにはお子様が描いた絵や、奥様が手づくりした小物などが家中に飾られています。
家は完成しているけれど、そこで織りなされる暮らしは家族と共に日々成長していく。
「もっと愉しく、もっと豊かに」という想いで、暮らしづくりの過程を愉しんでいるN様ご家族でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自転車に飾られた寄せ植え