キッチン 換気扇・レンジフード編

  kitchen

換気扇は水はねや油はね、食べ物の汚れなどが付きやすく、放置するとベタベタしたり変色の原因になります。
汚れに気づいたらお湯を固く絞った布で拭き、できるだけこまめなおそうじを心がけてください。

道具と洗浄剤

・ぞうきん ・スポンジ ・ポリ手袋 ・歯ブラシ

《 掃除回数 》

使用後お湯拭き
使用後はお湯で拭く。煮汁の吹きこぼれや油は、時間が経つほど取れにくくなるんどえ、早めに拭き取るのが鉄則。

週1回隅々磨き
スイッチを切ってプラグを抜いてから、住居用洗剤を吹きかけ10~15分放置。お湯の中に入れてブラシでこすり洗いする。

月1回グリスフィルターそうじ
中性洗剤を入れたぬるま湯に30~40分浸ける。残った汚れはブラシなどで目に沿って洗い流し、すすいでから乾燥させる。

年1・2回分解そうじ
取り外せる部品を取り扱い説明書に従って外す。電装部品やコード類は濡れないように、ポリ袋などで覆っておくと安心。

こんなときはどうしよう!

・レンジフードの外側・・・重曹水をスプレーして汚れをしっかりと浮かして溶かす。汚れが浮いてきたらデニムなど厚手の布で拭き取ろう。
その後、布で水拭きにして最後に乾いたぞうきんで磨く。重曹水を作るときは、お湯で溶かすと汚れ落ちがよくなる。

・レンジフードの内側・・・オイルポケットや照明カバーなど外せる部品をすべて外し、汚れに洗剤の泡をしっかりとつける。 コンロに新聞紙を敷いておくと安心。ゴムホースは洗剤をつけた布ではさむようにして拭き、その後水拭きする。

・ひどい汚れ・・・ひどい汚れの場合は、まとめてハウスクリーニングを当社にご相談下さい。

※注意事項
●必ず付属の取扱説明書の指示に従ってください。
●お手入れの際は必ず分電盤ブレーカーか、電源スイッチを切ってください。
●感電の恐れがあるので、濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでください。
●お手入れの際は手袋を着用しましょう。
●お手入れ後の部品の取り付けは確実に行いましょう。