リビング・ダイニング タイル編

tile

タイルは使用状況や環境で経年変化します。適正な場所に使用し、吸水止めや汚れ防止などの初期処理をすることが長持ちの秘訣です。 普段のお手入れは、乾いた布または固く絞った布で拭きます。磁器タイルや施釉タイルは汚れの吸い込みも少なく、特別なメンテナンスは不要です。
※施釉(せゆう)タイルとは・・・タイルの表面に釉薬(うわぐすり)が施されているもの。

道具と洗浄剤

・ぞうきん
・バケツ
・モップ

《 掃除回数 》

週数回水拭き 
普段は水で絞ったぞうきんなどで拭きそうじ。床に醤油や油がこぼれた場合は、目的地に汚れが染み込むので早めに拭き取ろう。

週1回モップがけ 
柔軟性のある弾力目地を使用している場合は、キズ防止のためブラシやたわしでこすらない。モップで全体を拭きそうじ。

5年に1回目地塗り 
市販の目地塗り剤を使ってチャレンジしてみる。

こんなときはどうしよう!

・ひどい汚れ・・・中性洗剤を水に薄めて布から濡らし、良く絞ってから拭く。その後、水拭き。

・目地のよごれ・・・塩素系漂白剤を水に薄め、これを浸したぞうきんで叩くように汚れを吸い取る。

・手あか・・・手あかは取りやすい汚れ、プラスチック消しゴムでこするときれいに取れる。

・水性ペン・・・塩素系漂白剤の原液を綿棒で叩くように塗り、1日程度置くと汚れが薄くなる。

・油性ペン・・・塗料はがし剤などを綿棒で叩くように塗り、溶け出した塗料を拭き取る。