その土地の気候風土を読み解き、
春夏秋冬を快適に過ごしましょう。

現代のようにエアコンなどが無かった昔、日本人は少しでも快適に暮らすために太陽を取り入れたり、遮ったり、風も同様に取り入れたり、遮ったり、自然の力を最大限活かす工夫をしていました。当然、エネルギーコストも少なく、エコロジーな暮らし方だったと言えます。

このような自然の力をそのまま住まいに取り入れることをパッシブデザインと言います。これは「昔の生活に戻ろう」ということではなく、昔からの日本建築の知恵を現代の暮らしや住まいに取り入れようというものです。

難しいことではなく、ポイントは光、風、熱の3つを考えることです。
自然と共生するデザインこそが、パッシブデザインといえます。

しかしながら、全国どの地域においても同じ条件ではありません。
岐阜や愛知の気候風土は、夏は日照時間が長く蒸し暑い。冬は北西からの卓越風(通称:伊吹おろし)が強く寒い。全国的にみても、過酷な気候風土と言えます。
ひだまりほーむの木の家は、そんな独特の気候風土や敷地環境にあわせ、光や風・太陽熱をコントロールし、自然と共生しながら快適に過ごせるパッシブデザインで設計します。また、パッシブデザインを取り入れることで、冷暖房や照明の使用を少なくし、機械に頼らない省エネ住宅を実現します。

自然をデザインするパッシブデザイン

  • ■光をデザインする
  • ■風をデザインする
  • ■熱をデザインする

光をデザインする

光を取り入れる。光を遮る。
夏の日差しは遮りたい。しかし、冬の日差しは取り入れたいという、一見矛盾したこの想いは、屋根の軒の長さを調整することで実現できます。
夏至の頃は、高い所から入る太陽光を遮り、冬至の頃は、太陽光が低く入るため、室内に取り入れることが出来ます。

また、夏の日差しは、小さな庇にすだれやよしずといった窓の外側で対応することも可能です。昔から伝わる先人たちの知恵です。

風をデザインする

風通しの良い住まいは、パッシブデザインを検討するうえでとても大事なことです。近ごろの住まいは、風の心地良さよりもエアコンなどの空調により空気をコントロールをするため、窓の配置計画はあまり考慮されていません。

一年のうちで、風の心地良い時期(春・秋)には、窓の配置計画により、季節風を室内に取り込みましょう。家の中を風が通りぬけるデザインにすることで、空気が循環し、より快適に過ごすことができる。

また、風の吹き方やどこから吹くのかなどは、地域性があります。その地域性を考慮に入れながら、窓の配置を計画しましょう。

変わらない、美しさ。日本の建築の美しさをカタチに。

「日本の家屋は美しい」と訪れる外国の観光客が口を揃えます。その秘密は、屋根にあると思います。切妻型の伝統的な屋根の形は、軒先のラインがスーっと通り、潔さを感じます。日本の建築美には、縦と横のラインが強調されていることが多いです。縦の格子と屋根の横のライン。こう言ったところを美しいと感じるのでしょう。ひだまりほーむの外観のデザインも、伝統的な切妻型の屋根が基本です。その中に、品のある表情を目指して外観をデザインしたいと思っています。

ひだまりほーむの外観のデザインルール

ひだまりほーむの外観デザインのルールは、日本建築の美意識を作法としてを取り入れたものです。景色に馴染み、風景に調和する佇まいです。

  • 1. 軒先を薄くする
  • 2. 軒先を低くする
  • 3. 屋根を大きく見せる
  • 4. 格子などで、透かせる
  • 5. 軽い屋根と重い屋根のバランス
  • 6. 屋根のラインを水平に引く